労働基準監督署調査対応は東京・港区のアリスト社労士(社会保険労務士)行政書士事務所にお任せください!(東京全域,埼玉,千葉対応!)

労働基準監督署の調査対応【東京・港区のアリスト社労士行政書士事務所】

労働基準監督署の調査がはいってしまった!
以下の困ったことや悩みがありましたら、当事務所にご相談ください。

 

@初めての調査で何をどうしていいのかわからない。
A労働者の申告があったかも・・・。
B仕事が忙しくてとても余裕がない。
C全部任せて安心したい。

 

 

労働基準監督署の調査とは?その対応は?

 

労働基準監督署の調査とは、労働者の保護を図ることを目的として労働関係法令違反の有無を調査するために事業所に立ち入る(又は監督署への呼び出し)ことをいい、4 種類に分かれます。

 

 

@ 定期監督
労働基準監督署の調査の多くは、この定期監督に該当します。これは、ランダムに調査会社のリストを作成し、年度の計画で行います。

 

A申告監督
会社の従業員や退職者から、残業代の未払いや、不当解雇等について労働基準監督署に申告があったときに、内容を調査するために行います。

 

B災害時監督
一定規模以上の労働災害が発生した場合、その災害の実態を確認するために行う調査をいいます。
災害原因の究明や災害事故の再発防止の指導を行います。

 

C再監督
過去に指導を受けたが、指定期日までに「是正(改善)報告書」が提出されない場合や、事業所の対応が悪質である場合などに再度行なわれる調査のことをいいます。
上記で多いのは、@とAです。

 

 

労働基準監督署で求められる書類は?

 

定期監督の労働基準監督署の調査では、「ご用意いただきたい書類」と郵送されます。
調査の項目は、以下の通りとなっておりますが、指定日に書類が用意できない場合でも、必ず改めて日時を再設定する必要があります。

 

労働基準監督署調査での指定書類指定をされる資料の例
@ 労働者名簿
A 賃金台帳
B タイムカードなどの勤務時間の記録
C 時間外・休日労働に関する協定届
D 就業規則
E 社員の年次有給休暇取得状況についての管理簿
F 労働条件通知書
G 健康診断の実施結果
など。

 

逆に言えば、上記の書類がしっかりと整っていれば、恐れることはありませんが、不備がある場合は、「是正勧告書(法律違反がある場合)」か「指導票(法律違反はないが改善の必要がある)」などが交付されます。
特に「是正勧告書」を交付された場合は、「是正報告書」にて労働基準監督署に報告する必要があります。

 

是正報告書の具体例は?

 

例1 出勤簿や勤怠管理がなされてなかった場合
タイムカードや、勤怠システムを導入することを報告します。
導入日から2か月ないし3か月間は、労働基準監督官の指示で、毎月、全社員分を是正報告しなければありません。

 

例2 就業規則に不備がある場合又は届出ていない場合
速やかに就業規則を作成して、労働基準監督署に届を行う必要があります。
届出後是正報告しなければなりません。

 

例3 健康診断を実施していない場合
健康診断実施後に、健康診断の受診結果を全従業員分、原則提出しなくてはいけません。
事前に実施予定日を、是正報告が必要です。

 

※労働基準監督署は、定期監督か申告監督は教えてくれませんが、所要時間が1時間であれば定期監督、2時間であれば申告監督の可能が高いです。
申告監督の場合は、個別事案により異なります。

 

労働基準監督署調査対応業務

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧