東京都内及び近県の特殊車両通行許可申請のことなら東京都港区の行政書士 アリスト社労士行政書士事務所にお任せください!(東京全域,埼玉,千葉対応!)

特殊車両通行許可申請について

1.特殊車両とは?

道路は一定の構造基準により造られています。
そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を以下のとおり定めています。
この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。
以下の限度を超えた車両が、一般道を走行する場合は、特殊車両通行許可申請が必要となります。

 

一般的制限値(最高限度)
車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ及び総重量のいずれかの一般的制限値(幅:2.5m、長さ:12m、高さ:3.8m、総重量:20t)を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両。
この特殊な車両が道路を通行するためには特殊車両通行許可が必要になります。
具体的には、
一般的制限値を1つでも超える車両で、自走式建設機械(単車)、バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ又は自動車の運搬用の特例5車種のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種等をいいます。

 

2.ご用意いただく書類

?自動車検査証の写し(有効期限の確認できるもの)
?車両の三面図、連結検討書(トレーラ)(車両図面=形状・寸法の記載があるもの)
?車両の諸元表(車両の寸法、軸重などがわかるもの)
?積載物の内容が分かるもの(積載物のサイズや重量等)
?出発地、目的地一覧メモ 出発地と目的地(途中立ち寄り先)の所在地・現場名称及び通行希望の路線名称(国道1号・2号・3号線等)があればその路線番号又は名称
?車両旋回軌跡図(超寸法車・超重量車等の場合)等

 

3.特殊車両の有効期限

@旅客自動車運送事業の用に供する車両で路線を定めている車両 2年
A自動車運送事業用車両で路線を定めていない車両 2年以内
(一定の寸法または重量を超える車両は1年以内)
B第二種利用運送事業用車両
C自動車運送事業用車両および第二種利用運送事業用車両以外の車両で通行経路が一定し、これらの経路を反復継続して通行する車両
Dその他の車両 必要日数(ただし1年以内)

 

4.特殊車両の費用(料金)の目安

@申請対象車両1台につき20,000円(5台まで)
A申請対象車両1台につき18,000円(10台まで)
B申請対象車両1台につき15,000円(15台まで)

 

東京都港区の社会保険労務士,行政書士のアリスト社労士行政書士事務所へのお問合せ,特殊車両通行許可申請について

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧