東京都及び近県の産業廃棄物収集運搬業許可申請は、東京都港区の行政書士 アリスト社労士行政書士事務所にお任せください!

産業廃棄物収集運搬業許可の要件

産業廃棄物収集運搬業の許可を取得するには新規・更新問わず、以下の要件をクリアする必要があります。

 

1.許可申請に関する講習会を受講していること

申請者が法人の場合は役員(監査役は除く)、個人事業主の場合は本人が、(財)日本産業廃棄物処理振興センターが主催する「産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」を修了することが必要となります。

 

 

2.欠格条項に該当する者でないこと

法人の場合は役員、株主、出資者、政令使用人等、個人事業主の場合は本人、政令使用人などが、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第14条第5項の欠格条項に該当する場合、許可申請をしても不許可となりますのでご注意が必要です。
? 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
?成年被後見人・被保佐人・破産者で復権を得ない者
?禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は受けなくなった日から5年を経過しない者
?産業廃棄物関連の法律等で違反を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者

 

 

3.事業を行う経理的基礎があること

事業を的確にかつ継続して行うことのできる経理的基礎が必要となります。
経営状況が債務超過に陥っている場合等については、不許可になる場合もあります。

 

 

4.適切な運搬施設を有していること

産業廃棄物が飛散し、流出し及び悪臭が漏れるおそれのない運搬車両、運搬船舶、運搬容器その他の運搬施設を有することが必要です。
特に、液状のもの、泥状のものを収集運搬する場合は、タンクローリー車、運搬容器等を用いることが求められます。

 

まずは、上記4点の要件を確認されてご相談ください。
この4点がクリアにならないと、許可申請を行っても不許可になります。

 

また、産業廃棄物収集運搬業許可申請は、車両の各角度毎の撮影など細かいことを求められますのでご注意ください。

 

 

東京都港区の社会保険労務士,行政書士のアリスト社労士行政書士事務所へのお問合せ,産業廃棄物収集運搬業許可申請の要件

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧