東京都を中心とした隣県の産業廃棄物収集運搬業許可申請は、東京都渋谷区の行政書士 アリスト社労士行政書士事務所にお任せください!

産業廃棄物収集運搬業許可について【東京・渋谷区のアリスト社労士行政書士事務所】

<東京,渋谷区,社労士,社会保険労務士,行政書士,人事労務

1.産業廃棄物収集運搬業とは?

他人の排出した産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を含む)の収集・運搬を業務行う法人又は個人事業主は、業務を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません。
ここでポイントは、この許可申請は産業廃棄物を積み降ろしするすべての都道府県で必要となります。
例えば、神奈川県で廃棄物を積み、東京都を通過して埼玉県の中間処理施設へ運搬する場合には、神奈川県と埼玉県の許可申請が必要になります。
積み降ろしを行わない東京都の許可申請は必要ではありません。

 

また、収集運搬業の許可は、積替え保管ありとなしに分かれます。
積替え保管施設を設ける場合は、中間処理施設に準じた手続きが必要になりますので、積替え保管なしの場合の許可申請の手続きとは分けて考える必要が あります。

 

申請に当たっては、排出事業者と処分業者の予定を決めておく必要があります。
ほとんどの自治体で、どの都道府県市の排出事業場から産廃を収集し、どこの処理施設に持っていくかの記載を求められます。

 

2.産業廃棄物の分類

以下の産業廃棄物の分類があります。
漏れてしまうと運搬が出来なくなります。
面談の際には、貴社の運搬物を細かく摺合せお願いします。
1.燃え殻:焼却炉の残灰、石炭がら等の焼却残さ
2.汚泥: 製造、工業排水処理等で出る全ての汚泥
3.廃油:鉱物性油及び植物性油脂に係るすべての廃油、廃溶剤等
4.廃酸:すべての酸性廃液 (pH2.0以下でないもの)
5.廃アルカリ:すべてのアルカリ性廃液(pH12.5以上でないもの)
6.紙くず:印刷くず、製本くず、裁断くず、建材の包装紙、建設現場から排出されれる紙くず等
7.木くず:建設業の廃木材等、木材業等のおがくず、パーク類、梱包材くず、板切れ、廃チップ等、物品賃貸業は家具、器具類等
8.繊維くず:建設業、繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く)等から排出される天然繊維くず
9.動植物性残さ:食料品製造業等から生ずる醸造かす、のりかす、魚のあらなど
10.動物系固形不要物:畜場においてと殺し、又は解体した獣畜及び食鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物
11.鉱さい:鋳物廃砂、製鉄所の炉の残さい、キューポラのノロ、ボタなど
12.動物のふん尿:畜産農家から排出される牛、豚、鶏などのふん尿
13.動物の死体:畜産農家から排出される牛、豚、鶏などの死体

14.ばいじん:大気汚染防止法に定められるばい煙発生施設や産業廃棄物の焼却施設の集塵施設で集められたもの
15.処分するために処理した物: (13号廃棄物) 産業廃棄物を処分した物であって上記のいずれにも該当しないもの(コンクリート固形化物など)
16.輸入された廃棄物:航行廃棄物、携帯廃棄物を除く

 

東京,渋谷区,新宿区,社労士,社会保険労務士,行政書士

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧