渋谷区及び近郊の遺産分割協議書の作成、相続手続のことなら東京・港区の行政書士 アリスト社労士行政書士事務所事務所にお任せください!

遺産分割協議書の作成について【東京・渋谷区のアリスト社労士行政書士事務所】

<東京,渋谷区,社労士,社会保険労務士,行政書士,人事労務

遺産分割協議とは、故人(被相続人)が亡くなり、その相続財産を、相続人全員で分配する協議(話し合い)を言います。
その後、分配方法がまとまりましたら、遺産分割協議書を作成して、相続人全員で署名・捺印をします。
遺産分割協議は、親子とか兄弟姉妹、せめていとこ同士が関係する場合、円滑に進みますが、叔父・叔母、などが入ってくると、もめるケースが多いです。
遺産分割協議を行う上で、必要なことは、相続人同士が全員、お互いに相手方の相続権を尊重し、法律的な知識も多少身につけて、いたずらに自己本位の主張を押し通そうとせず、協調の精神で解決しようという心構えが必要です。

 

以下、遺産分割協議のポイントです。

 

1.相続人の確定

遺産分割協議を行う上で、まずは、必要なことは、相続人の確定です。

 

戸籍をみれば明らかにわかります。
ただし、戸籍上相続人であっても、相続人でなくなる可能性(相続欠格、推定相続人の廃除など)もありますし、戸籍上相続人でなくても、相続人になる可能性(死後認知など)があります。

 

私の経験例ですが、ご主人が亡くなられて、改めて、戸籍を確認しますと、前妻のお子さんがいることが判明しました。
この場合、前妻のお子さんも相続人となるため、前妻のお子様に遺産分割協議の申し入れを行う必要がありますし、遺産分割協議書の署名・押印が必要です。
しかし、市区町村は、単純に、居所を教えてくれません。
こういう時に弊所は、相続人確定のため、遺産分割協議書作成のために、前妻のお子様の居所を職権で調べることができます。

 

2.遺産の範囲の確定を行います

相続人が、遺産分割協議前に実際に分割する遺産を特定させなければなりません。
ここでいう遺産は、土地や建物、動産(宝石・貴金属)、預貯金や各種の有価証券(投資信託、株券など)のことをいいますが、注意が必要な点として、債権(借金)も遺産に入ります。

 

3.遺産分割の方法は4通りあります

@現物分割
個々の財産そのものを相続人に配分する方法です。
例:A土地はBさんへ C土地はDさんへ 預貯金はEさんへ

 

A換価分割
遺産を売却してその代金を相続分に応じて分配する方法です。

 

B代償分割
現物分割が出来ない場合、または、分割できる性質を有さないときにある相続人が相続する代わりに他の相続人は、金銭で支払う方法です。  
例:A土地はBさんが相続。CさんへBさんから500万円代償として支払う。

 

C共有分割
遺産の全部又は一部を相続人全員で共有する方法です。  
例:A土地をBさん、Cさん、Dさんで3人で共有

 

4.遺産分割協議書が必要な場合
@不動産(土地・建物の)の名義変更をされる場合
A預貯金証書や有価証券の名義変更をされる場合
B自動車などの動産の名義変更をされる場合

 

 

東京,渋谷区,新宿区,社労士,社会保険労務士,行政書士

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧