被相続人の死亡により銀行口座を凍結された場合は、東京・渋谷区の行政書士 アリスト社労士行政書士事務所にお任せください!

銀行口座を凍結された方へ

1.銀行口座が凍結される場合

銀行口座は、口座名義人(被相続人)が亡くなった事実を銀行など金融機関が知ってしまうと、一旦凍結され、預貯金を引き出すことも入金することもできなくなります。
勿論、電話代、電気料金などの公共料金の口座振替もできなくなります。

 

ただし、銀行などによっては、葬式費用など最低限度の金額は、領収証などを根拠に銀行口座の引出しを窓口で認めるケースがあります。

 

2.銀行などが口座名義人(被相続人)が亡くなったことを知らない場合

一方、銀行など金融機関が、口座名義人(被相続人)が亡くなったことを知らなければ、そのまま、預貯金の引出し、入金は引続き可能ですし、公共料金の引き落としも引き続き行われます。

 

では、銀行など金融機関はどういう時に知ることができるか?と疑問が生じますが、一般的には、
・遺族からの名義変更の手続き方法などの相談を受けた場合
・新聞の「おくやみ欄」をもとにして知る場合
などがあります。

 

しかし、金融機関側で全ての死亡情報を把握しているわけではありませんし、市区町村への「死亡届」について各金融機関に情報が流れるということはありません。

 

3.銀行口座の名義変更の必要性

@積立満期型の定期預金などは、本人確認の観点から、口座名義人(被相続人)でないと解約することも、満期金を受け取ることもできません。
解約や満期金を受け取るためには、相続人に名義変更をしなければ手続きが出来ません。
もし、積立型満期型の定期預金などがあれば、将来、銀行などは必ず知ってしまいます。
A銀行口座が普通預金で自由に出し入れができ、公共料金も引き続き引き落としがされていたとしても、口座名義人(被相続人)の相続人が1人であるならさてしも、相続人が数人いる場合は、何故、口座名義人(被相続人)の死後、自由に銀行口座を出し入れしていたのかと、追求され、トラブルになりかねません。
相続が争族とならないためにも、銀行口座の口座名義人(被相続人)が死亡されたら、死後、遺産分割協議を行い、名義変更をするべきです。
遺産分割協議の銀行口座ごとの預貯金の額は、口座名義人(被相続人)が死亡した日付の預貯金残高となります。
つまり、仮に残高が3,000万円あったけれど、凍結される前にその内2,000万円を引き出したとしても、相続財産が減ったことにはなりません。

 

4.凍結された銀行口座を解除するためには

銀行などの口座名義人(被相続人)が死亡して、銀行口座を凍結された場合、その解除する方法として、相続人に名義変更する手段しかありません。

 

解除して名義変更するには、相続人同士で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成し、相続人全員で遺産分割協議書に署名・捺印が必要です。
なぜ、遺産分割協議書が必要かは、複数金融機関の口座を口座名義人(被相続人)が持っていた場合、銀行により各書式が異なりますし、相続人全員の印鑑証明書や実印の押印が必要となり手続きが煩雑になるからです。

 

凍結された銀行口座を解除し、名義変更をするには以下の書類がその他に必要です。
@ 被相続人の、出生から死亡するまで戸籍謄本(除籍・改正原戸籍)
A 相続人全員の戸籍謄本
B 遺産分割協議書
C 相続人全員の印鑑証明書

 

遺産分割協議書の作成は、行政書士の事実証明・権利義務に係る業務です。
また、高齢やお忙しいことを理由に、銀行口座名義人(被相続人)の出生から死亡するまでの戸籍謄本の入手が不可能な場合は、依頼者に代わって職権で取得できます。

 

是非、銀行口座を凍結された場合は、当事務所にご相談ください。

 

東京,渋谷区,新宿区,社労士,社会保険労務士,行政書士

対応可能エリア

東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
神奈川県
川崎市、横浜市 など
千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 事務所概要 代表者紹介 お問合せ 料金一覧